必見!社用車管理 安全運転管理者の方へ

AUTOBACS SEVEN

必見!社用車管理
安全運転管理者の方へ

全国で大雪予報!冬季の車両運行を安全にするための備えとは

安全運転管理

12月は、急な積雪や、路面と凍結と気象要因の他、日の入りが早く、日の出が遅いためどうしても薄暗い中での運転も多くなり、1年の中で最も事故が増える月です。今回のコラムでは、冬季の車両利用についてどのような事に注意し、備えておく事が必要かについて書きたいと思います。

冬季の運転にはどのような危険がある?

冬の運転では、そのほかの季節と比べどのような危険があるか、まずは考えてみたいと思います。

路面の凍結

こちらは一番想像しやすい内容かと思います。路面の凍結です。ただ、凍結にも種類があり、積雪が踏み固められて出来る「圧雪アイスバーン」雨などが凍り出来る「ブラックアイスバーン」スタッドレス走行により、雪の水分が失われ、薄く氷が張る「ミラーアイスバーン」などがあります。通常の路面と非常に見分けがつきにくい場合が多いので、注意が必要です。

車内環境の変化

冬場は車内で暖房を利用するため、内窓の曇りの発生による視界不良や、暖かい環境での睡魔などにも気を付ける必要があります。

大雪などの異常状況発生の可能性

大雪による通行止めなどもニュースで目にすることがあります。走行上注意が必要な事はもちろんですが、大規模な通行止め、交通渋滞による車内での足止めが発生する事もあります。こうした危険のあるルートを選択しない事が重要ですが、万が一そういった状況になってしまった場合でも、対処法を身に着けておく必要があります。

事故に備えるためには、「操作」と「装備」が重要

運転操作について

冬季の運転において、路面状況の把握や、運行経路の選択は大前提ですが、それでも運転が必要な場合、どのようなことに注意をして運転するべきなのでしょうか?まず、一つ目が、車両の運転方法「操作」です。冬季期間における運転の注意点はどのようなものが考えられるでしょうか。

  • 「急」のつく運転をしない
  • 減速を早めに行う
  • 適切なギアチェンジを行う
  • 轍を上手く利用する
  • スタッグした場合は慌てずに対処する

まずは、急発進、急ブレーキにならないような運転を心がけることが重要です。そのために最も重要なのが、車間距離です。実はこの車間距離の問題は、社会的にも問題になっており、2020年から車間距離不保持の罰則も設立されています。適切な車間距離は思っているよりも長いので、しっかり意識して運転する事が必要です。特に高速道路では前の車と100m以上は車間距離を取るようにしましょう。

また、ブレーキに頼り過ぎない運転も重要です。下り坂ではローギアを使用し、エンジンブレーキを利用し、上り坂はハイギアで一気に登りきる事が必要になります。

そして、万が一、タイヤがスタッグしてしまった場合は、慌てずに対処しましょう。スタッグしているタイヤの周りの雪、水分を取り除く事で抜け出せることがあります。また、スタッグしてしまった時用にゴムマットや、新聞紙などを携行しておくことで万が一の対処に備えましょう。

車両の装備について

車両の装備についても見直しましょう。

  • スタッドレスタイヤを装着する
  • 必要に応じてタイヤチェーンを携行しておく
  • フォグライトを活用する(見やすいケルビン数に変更しておく)
  • 緊急時用のスコップなどを常備しておく

まず、スタッドレスタイヤの装着は冬季の走行におけるもっとも認知されている装備かと思います。降雪地帯でなくても路面凍結は起こる可能性があるので、冬季は必ずスタッドレスタイヤを装着しましょう。また、2018年からはチェーン規制も設けられており、一定の条件化での走行において、スタッドレスに加えチェーンの装着も義務化されています。

また、冬の運転では周囲が薄暗く、走行車線などが見にくくなります。一般的には、白い光よりも黄色がかった色味のライトの方が視認性が向上するため、フォグライトを使用する事をおすすめします。もしフォグライトが装着されていない車両の場合は、ヘッドライトの光量、色を変更すると安全性が増します。視認性を重視する場合は、4,000K(ケルビン)前後のものを選ぶと良いでしょう。

そして、毎年痛ましい事故も起きていますが、降雪時、エンジンを掛けた状態での車内待機にも気を付けなくてはなりません。通常車からでる排気ガスはマフラーから排出されますが、積雪によりマフラーの出口がふさがる事で、排気ガスが車内に逆流し、一酸化炭素中毒を起こしてしまう事があります。降雪地域での車両利用においては、最悪の場合も想定し、車の周りの雪をどかせるスコップなども常備しておく必要があります。

企業が従業員のために出来ること

車両の運転には常に細心の注意を払う必要がありますが、特に冬場の運転が危険であるという事が改めて分かりました。とはいえ、業務で車両を利用する必要がある事がほとんどかと思います。企業として従業員の安全のためにどのような事が出来るでしょうか。

社員に対する運転指導

車両管理義務の中には従業員への教育項目があるため、実施している企業様がほとんどだとは思いますが、今一度、冬季の運転に関する指導について、実施タイミングは適切か、内容は純分かなどを検討し、実施していく事が重要だと考えます。

車両使用状況の把握と、装備の確認

安全運転管理者は、様々な状況に対し、運行予定から危険をあらかじめ察知する必要があります。午後から大雪予報だが、遅くまで運行予定になっている車両は無いか?降雪地域に出張を予定している車両は無いかなど、状況を把握するとともに場合によっては運転の中止指示など、適切な案内を掛けましょう。

また、冬季の車両利用における装備は十分かも確認しましょう。装備だけでなく、タイヤの空気圧点検、灯火類の確認など、日常点検も重要になってきます。

車両の利用が必要な企業にとって、ビジネス上も非常に重要になってくる車両利用、だからこそ備えて備えすぎな事は無いという観点で、改めて準備、見直しをしていただく事をおすすめします。

備えるためにまずは正しい現状把握を

備える。という事は現状とあるべき姿のギャップを明確にすることが最初のステップだと考えます。そのため、運転手の状態、車両の状態、周辺環境などを把握する事が重要です。とはいえ、複数の運転手の行動を集約して管理する事は非常にハードルが高く、業務量も膨大になるのは事実です。対策として、管理ツールの導入をご検討頂く事も一つの対策では無いかと思います。運転手が自身の体調や、車両の状態を報告しやすい仕組み、報告内容を管理者が確認、整理しやすい仕組み、こういった仕組みを取り入れることで、企業としてあるべき姿を目指したい。そう考えます。

最後に

上記のような内容にお困りであれば、もしかするとお力になれるかもしれません。サービス導入の支援はもちろんですが、車に関わるサービスを提供する会社として、お力になれることもあると思います。もし、少しでもご興味があれば、下記からお気軽にお問い合わせ頂けましたら幸いです。

お問い合わせはこちらから

関連記事はこちら

介護報酬改定_通所系サービスの送迎に関わる取扱いの明確化について

先日、お取引先様から介護報酬の改正がある事をお伺いしました。当社としては、介護業界については全く知見もないので、業界についてお話出来る立場ではないのですが、一部…

安全運転管理

ライドシェア_有償運送の規制緩和における安全運転の課題

人手不足による影響で、一部地域や特定の業種で交通課題が話題になっています。最近ではライドシェアの部分的な解禁など、大きなニュースとなりました。また、送迎について…

安全運転管理

人事異動で必要な車両管理について

多くの会社で毎年行われている人事異動、複数拠点で営業をしている企業様は、車両の移動管理も一緒にされていると思います。今回は、人事異動に伴い、車両の移動が発生した…

安全運転管理

altを入れます

点呼義務化スタート、今から「なる早」でシステム導入を考えるには

本日は、点呼義務化に伴い、今までの運用からの効率化を迫られている。大きな声では言えないが、実はまだ運用を開始できていない・・・そんなお客様向けの記事になります。…

安全運転管理

点呼業務とは、何を管理するべきものなのか?

いよいよ来月、2023年12月1日~道路交通法が改正され、アルコール検知器を用いた酒気帯び確認が義務化されます。すでに多くの皆様が検知器のご購入、サービスの導入…

安全運転管理

12月で大きく変わる!車両管理とは?改めて車両の業務利用について考えてみる

皆様の会社では、業務上車両を利用する機会はありますか?当社はよく業務で車両を利用します。もともとオートバックスというブランドを運営している事から、車両利用の管理…

安全運転管理

2023年12月1日から!「白ナンバー事業者」にも義務化となる酒気帯びの点呼確認方法とは?

安全運転管理者は、車両を一定台数以上所有する事業所への配置が義務付けられています。2022年4月1日からは下記の項目が業務内容に加わりました。 ・目視等での酒気…

安全運転管理

【ついに義務化へ!】白ナンバー事業者のアルコールチェッカー(検知器)義務化で行うべきこと

2021年11月に発表された改正道路交通法では、一定台数以上の営業車を所有する「白ナンバー事業者」において、アルコールチェッカーを用いた酒気帯び検査が2022年…

安全運転管理

『私が担当に!…大丈夫です、ご安心ください』安全運転管理者の役割とは?抑えておきたい基礎知識

業務で社用車を使う事業所の皆さま、安全運転管理者の設置はお済みでしょうか? 道路交通法により、車両を一定台数以上保有する事業所は、安全運転管理者を選任しなければ…

安全運転管理

【DX活用で生産性向上】今、注目!介護・福祉業界の業務負担削減のポイント

2022年4月から改正道路交通法の施行により、運転前後のドライバーに対する酒気帯び確認が義務付けられました。 近い将来、運送業だけでなく、デイサービスをはじめ福…

安全運転管理

運転日報の目的・内容とクラウド化による効率的な管理・運用のヒント

新任安全運転管理者必見!運転日報の目的・内容とクラウド化による効率的な管理・運用のヒント

運転日報は、車を保有する事業所に配置される「安全運転管理者」が用意し、運転者に記録させなければなりません。運転日報は紙のものが一般的でしたが、近年のデジタル化の…

安全運転管理

【事業者向け】なりすましなどアルコール検査回避の悪質手段の防止方法

【白ナンバー】【安全運転管理者】なりすましなどアルコール検査回避の悪質手段の防止方法

飲酒運転が原因で引き起こされる重大事故は、企業が最も注力して防ぐべきことのひとつです。一定台数以上の社用車を所有する事業所では、アルコールチェッカーを用いたアル…

安全運転管理

10月より厳罰化!今さら聞けない、安全運転管理者制度って何?業務内容や罰則は?

令和3年6月、千葉県八街市で発生した下校中の児童5名が死傷する凄惨な交通事故は、トラックの運転者が飲酒していたことや運転者が勤務する事業所が安全運転管理者を選任…

安全運転管理

コロナで変わった「働き方」「お酒との付き合い方」、企業の管理部門を大きく悩ませることになったコロナの影響

新型コロナウイルス感染症の拡大により、私たちの生活は大きな影響を受けています。日常生活だけでなく、オフィスへの出勤、対面でのコミュニケーション、大人数での会議や…

安全運転管理

【白ナンバー】運送業でなくても、アルコールチェック義務化、日本を支える建設業の安全運転管理者が知っておくべきこととは?

現在、様々な業種の企業様より、アルコールチェックに関するご相談を頂いております。その中で、最近、建設業を営んでいる企業様からのお問合せが増えてきました。アルコー…

安全運転管理

【白ナンバー事業者もアルコールチェック義務化】飲酒運転が会社に与える影響とは?

コロナ感染防止のための規制が解かれ、気の緩みや開放感から飲酒機会が増加、それに伴い飲酒運転事故のニュースをよく目にするようになりました。『ほんのちょっとの量だか…

安全運転管理

【白ナンバー】まだ間に合う。アルコール検知器義務化延期で更なる緊張感を!法律施行延期で安全運転管理者が今するべきことは?

総務・管理者の皆様、アルコールチェッカー(検知器)購入、準備はお済みでしょうか? 警察庁は14日、2022年10月1日から予定していた「白ナンバー」事業者に対す…

安全運転管理

出張時のレンタカー使用時や直行直帰時のアルコールチェックはどう行う?

【社用車管理】出張時のレンタカー使用時や直行直帰時のアルコールチェックはどう行う?

アルコールチェッカーを用いたアルコール検査は、原則として安全運転管理者の立ち会いのもと対面で行われるのが理想的です。では、出張などでレンタカーを使用する場合や、…

安全運転管理

白ナンバー事業所のアルコールチェック義務化について解説

【社用車管理】白ナンバー事業所のアルコールチェック義務化について解説

アルコールチェックは、緑ナンバーのトラックやタクシーを所有する、運送業や運搬業ではすでに義務化されています。2022年4月の改正道路交通法施行規則の施行により、…

安全運転管理

アルコールチェッカー(検知器)導入時に考えておくべき運用ルール

アルコールチェッカー(検知器)導入時に考えておくべき運用ルール【社用車管理】

飲酒運転による重大事故を防ぐため、これまで緑ナンバーに義務付けられていたアルコールチェッカー(検知器)を用いた酒気帯び検査。道路交通法の改正によって、2022年…

安全運転管理

商用車

【社用車管理】安全運転管理者の義務と罰則とは? アルコール検査義務化でどう変わる?

2021年6月に起きた事故をきっかけに、一定台数の白ナンバー車の使用者にも、安全運転管理者によるアルコール検査が義務化されることになりました。条件に当てはまる事…

安全運転管理

ページトップに戻る